MULTI-FAMILY HOUSE多世帯住宅

協力しながら一緒に暮らす。
ほどよい距離感を保てる「絆」の住まい

同じ屋根の下で暮らすと言っても、それぞれのリズムが各家族にはあります。
生活スペースを一部共有する、完全に独立させる、さまざまなあり方があります。
しかも多世帯住宅ならではの、交流できるスペースも確保したいものです。
ウッドスタイルデザインの多世帯住宅「ジョインヴィータ」は、家族構成や暮らし方によって
多種多様なプランをご用意いたします。

  • 集い

  • 多様性

  • 共有

MERIT多世帯住宅のメリット

親子世帯が一緒に暮らすから

  • 1子育てや家事を
    協力し合えて、
    介護も安心

    一緒に暮らせることで、親世帯にとっても子世帯にとってもうれしいのが子育てや介護においてではないでしょうか。家族のふれあいが多ければ、精神的にもお互いにとって安心感や安定感があります。そのためには、日ごろの関係を良好に保つことも重要ですが、家の構造を工夫することが大きいと思います。

  • 2経済的な
    余裕が
    あります

    多世帯住宅は同時に建築するため、世帯ごとにかかる建築費用をより削減することが可能です。共有するスペースを増やせば、その分が半分の費用で済むことになりますので、初期費用を抑えられるのです。また、光熱費、食費など生活のランニングコストも削減できます。現行法では多くの二世帯住宅が減税の対象になるとも言われています。(税制についてはご相談ください)

  • 3突然の出来事に
    助け合え、
    防犯上も安心

    幼い子供を抱える共働きの子世帯の夫婦からすると、突発的な出来事に頭を悩ませることもあるのではないでしょうか。そのような場合も、多世帯住宅ならば、親世帯にすぐに協力してもらうことができます。また、どちらの世帯も同時に留守にさえならなければ、防犯にも適しているといえます。

  • 4環境にもやさしい
    家づくりに
    なります

    親世帯と子世帯、別々の家を建てるよりも環境的な負荷をさまざまに減らすことができます。単純に考えますと、2軒の家を別々に建築するよりも費用、土地活用、建築労力の面でも2軒分よりは抑えられることになります。また、生活におけるエネルギー消費量が、2軒分は確実にかかりません。

PLANひとつひとつの家族にとって、
ベストな住まい方を見つけたい多世帯住宅

  • ほとんどの空間を共有する[多交流タイプ]

    リビングやキッチン、風呂など基本的な生活空間をすべて共有するタイプです。二世帯がまさに一緒に暮らす、日本に昔からあるスタイルともいえます。しかし、プライバシーにも配慮して、セカンドリビングを設けることもお勧めです。

  • 上階と下階に分かれる[独立タイプ]

    世帯ごとに玄関を設け、上下階に各世帯が住み分けるタイプです。上下をつなぐ階段を内階段と外階段にするかによっても独立性の違いが出ます。生活ゾーンは別だが、コミュニケーションをどれだけ取りやすくしたいのかによって様々なアレンジが可能です。

  • 自立生活型の[建物分離タイプ]

    玄関にはじまり、世帯ごとの生活空間をすべて分離したタイプです。ひとつ屋根の下に住む他タイプよりも広い敷地スペースが必要になるなど、経済的なメリットが少なくはなりますが、完全に住まいが分離しているので独立性は一番高くなっています。

  • 一部を共有[プライバシー保持タイプ]

    玄関、キッチンなど一部を各世帯で別にしながらも、一部は共有するタイプです。プライバシーを確保したい場所に応じて、どこまでを共有するのか、逆にどのシーンでコミュニケーションをとりたいのかによっても様々に変化するプランです。

CONTACTお問い合わせ

お客様の夢への第一歩のために私たちはいます。
まずはご相談ください。

ご要望をお聞かせください。家づくりに必要な情報と最適なプランをご提案いたします。